人工蛹室作成

お手軽簡単人工蛹室作成キットの販売開始です!従来のオアシスを加工して作る人工蛹室の代わりになる商品です。貴方の手で、蛹にあった素晴らしい人工蛹室を作り上げて下さい。きっと手放せない人工蛹室作成キットとなるでしょう。ショップ様向けに卸も致します。興味のあるショップ様はこちらよりお問い合わせ下さいませ。

このキットはミニケース用にサイズを合わせてあります。

そして気になる価格は 

マット2枚+ブロック2個(人工蛹室2セット分)で630円 消耗品の取り替え用マットは4枚で840円となります。ブロック部分は一度購入すると長く使えますし、マットだけ交換することでランニングコストも安くなります。使用後の痛みが少ない場合はマットを裏返して使用することも可能です。裏表で上手に使うと一頭の蛹にかかる人工蛹室のコストは100円ポッキリに限りなく近づく事になりますね。         


【使用方法】 ●適合ケース  ミニケース(コバエシャッターなど保湿対策済みのケース推奨)

1, ミニケースの底に約5ミリの塩素など有害物質を含まない水を入れる。

2, ブロックスポンジを入れスポンジに水を浸透させる

 

※蛹が若い(羽化直後など)場合はマットを一旦水で濡らしてぎゅっと水分を絞って使用しても良いでしょう。羽化間近な蛹は不要な処理です。臨機応変にブロック部とマット部の水分は対応してください。

3, マットスポンジを両手でU字型に整えながらミニケースの中にいれる。

4, 蛹の大きさに合わせて形を整えてできあがり。

5, ミニケースのフタをして管理して下さい。

6, ケース内が乾燥しないように注意してください。



蛹室の微調整にはダンボールなどをカットしてケースとマットの間に挿入して蛹室の幅調整をすることも可能です。幅を調整することで100ミリ程度のクワガタから40ミリ程度のメスまで多対応可能です。ご自身の手で素晴らしい蛹室へと作り上げて下さい。

 

銚子オオクワガタ倶楽部トップページへ戻る